考えるタネと物のミカタ

たくさんの物の見方から、考えるタネが生まれて

収入が減った時ただちに行うこと・その③:支出額を分析し改造する

支出上限額を確定する

支出額は収入額が上限ではない。必ず、貯蓄はしてもらいたいからだ。少額でも構わないから、貯蓄はしてもらいたい。

収入額ー貯蓄額 =支出上限額 と考えるべき。

 

現在の支出を固定費と変動費に分ける

固定費は電話代、水道代、電気代、自動車保険、自動車ローン、生命保険、キャッシング・リボの返済等毎月必ず同じ日に支払う費用、タバコを吸われる方はタバコ代も固定費として考える。変動費は外食費や書籍代など、月によって大きく変わる費用。この固定費と変動費に今の支出を分けてみる。

 

固定費を減らす

固定費に分けたら、金額順に並び替えてみる。金額の大きいものから、削除できるか減らせるか考える。無理は絶対に禁物である。

 

例を言うと、

  • 電気代
  • 家に住んでいる人が減っていれば、基本料金を見なおしたほうがいい。
  • 携帯電話代
  • 料金プランはけっこうな頻度で変わっているし、生活環境の変化から携帯の使用頻度が変わっているなら、一度料金プランを見なおしたほうがよい。特に2台持ちをしている方は、データプランや、キャリアの分割払いで購入している場合は、時期をみて安いSIMカードへの移行を検討する。
  • 生命保険
  • 私の場合ここが最も削減できたところである。生命保険を考えることは自分の人生観を考えることに繋がるので是非やってみてほしい。考えるポイントは、いったいなんの為の保険なのか。いま必要な保険をまず考える。子どもはいるのか、いるなら成人するまでの期間で定期保険に入る。終身保険で賄おうとしない。終身保険は、自分が死んでしまった場合残された人達の贅沢のためにあるのではなく、当面の生活費だけでよい。あとは頑張ってくれと。金額を考えて保険料を下げる。当初資産運用目的ではいった保険なら、その資金は今必要なので解約するか検討する。
  • クレジットカード
  • まず、数量を減らすことを考える。ステータスが欲しくて持っているものはおそらく年会費も高いのであっさりと解約する。

 

変動費を減らす

変動費は贅沢品への支出と考える。いままでの購入時の思考パターンを変えるだけで抑えることができる。

小説や雑誌、CD、DVDなどはすぐに買わない。自分の限りある時間を使うものなので、厳選しよう。買いたいと思ったら、さて本当に価値のあるものか一度深呼吸して考えよう。それでも欲しいのは、ウィッシュリストに入れてから1週間後にもう一度考えよう。それでも欲しいものは絶対に必要なものだから、いろんなルールを決めて購入する。

例えば、まだ読み終わってない本類(積読)があるなら、2冊読んだら1冊買うなど

例えば、レンタルですませられないかもう一度検討するなど。

衝動的に欲しくなったものは、衝動的に欲が消えていくものである。

 

固定費も変動費もすぐ手を付けることができそうなものをピックアップしてコストの削減効果を確認してみるのがよい。