考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

周りの人とは違う鍵盤ハーモニカを持ちたい。そんなキミ、塗ればいいんです。塗れば。

大人になって実家に帰った10年ほど前、家の掃除をしてる時に、昔つかってた鍵盤ハーモニカを見つけた。30年ほど前鍵盤ハーモニカといえば、スズキのメロディオンか、ヤマハのピアニカであった。

 

音楽の授業で使っていたレベルなので、意外と綺麗に保管されていた。そのころネットでみて、小さいころ使っていた32鍵だけでなく、もっと大きな77鍵のものだとか、アルト、ソプラノ、バスと様々な音域の商品が出ていることを知った。小学生が音楽を学ぶための教材としてではなくて、楽器であるということを改めてしった。

 

この鍵盤ハーモニカ、大概青色だとか、緑色が多い。ということで、下記の様にプラスチック部分をヤスリでツヤを落として、車用の塗料を吹き付け、つばぬきの部分を赤色にカスタマイズして息巻いてみた。

 

f:id:mtribe:20150929225110j:plain

 

しかし今、あろうことか、なんともロックな鍵盤ハーモニカが発売されいているようである。

HOHNER Ocean Melodica

HOHNER Ocean Melodica

 

物欲をそそるのだが、どこで使うのか想像できず手をだせずにいる。