考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

あのSF映画はあの頃の僕には強烈過ぎだし、その夜見た夢もシュールすぎて恐怖以外のなにものでもなかった

f:id:mtribe:20151016132416j:plain

その頃SF映画で、世の中に夢や宇宙へのロマンを与えた、「E.T.」。私の記憶の中に残っている、劇場で観た最も古い映画だ。


私にとってこの映画は当時、恐怖そのものだった。

なにせ、あのグロテスクな宇宙人ですから、子どもには衝撃的であったわけだ。

そして、ここからが問題であった。

映画を観たその日の夜、俺は夢をみた。
家で夕食の準備をするシーンだった。
母に頼まれてご飯をよそおうと炊飯器に手をかけあけると、


「ぎゃー」

という鳴き声とともに、炊飯器の中に「E.T.」を見た。

もう一度言います。

炊飯器の中に、E.Tです。

当時、シュール、という言葉さえない子どもに、この気持ちを整理できるすべもなく、ココロに深いキズをおってしまった。


大人になった今、炊飯器に手をかける時「E.T.」を思い出してしまうのは言うまでもない。子どもの感受性は改めてゆたかであると感じるわけであります。

 

E.T. [Blu-ray]

E.T. [Blu-ray]