読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

登山の初心者が普段使いを流用した服装など装備をまとめておく

f:id:mtribe:20160514133652j:plain

 屋久島にでかけてきます。宮之浦岳に登るということなんですが、私自身いわゆる登山がはじめてなんです。 家の裏にある標高250mくらいの低山はちょくちょく散歩がてら登っていますが、宮之浦岳は2000m弱で、高さを見ただけでビビっています。私の感覚として、散歩<ハイキング<トレッキング<登山で、「登山」と言葉にするだけで緊張がはしります。

 「登山」に構える一方で、十分な装備を考えるとやっぱりコストは膨らんでしまいますので、なるべく低予算でいけるように考えて揃えてみました。

ザック: OMM Classic 32L

 ラン・バイクにも合うので通勤用に買いました。このシリーズでは25Lもあるので迷いましたが32Lにして正解でした。通勤の場合、着替え以外にもパソコンやらなんやら詰めますし、特に冬場は運動しているときはいいけど、その後のかさばる服を持って行かないといけないので大きめで正解。今回は登山ですが問題ないでしょう。

 

ザックカバー:シートゥサミット ウルトラSILパックカバー XS

 OMM Classic 32Lはカバーがついていないんですよ。だから別で買いました。サイズに迷いました。Sサイズは30L〜50Lなんですがブカブカにならないものかと。で悩んだ末に一回りしたの15〜30L用XSサイズにしました。ただ、このサイズになると背面側回して固定するバックストラップがないので、本当に被せるだけなのでそこだけが心配です。

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSILパックカバーL 1700072 ブルー

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSILパックカバーL 1700072 ブルー

 

 

 ライト:自転車用キャットライト+ヘルメット用ブラケット

 普段自転車は乗っていまして、キャットアイのライトを持っているんですね。それをなんとか使えないものかと悩みました。やすいヘッドライト買えばイイのですが、できれば使わないものは増やしたくないですので。そこで、キャットアイのヘルメット用ブラケットを購入しました。これはマジックテープで固定できますので、ザックの肩部分に取り付けてみようと思います。

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [HL-EL140] ブラック JIS前照灯規格適合品

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト [HL-EL140] ブラック JIS前照灯規格適合品

 

 

キャットアイ(CATEYE) ヘルメット用 ヘッドライト ブラケット 534-1831N

キャットアイ(CATEYE) ヘルメット用 ヘッドライト ブラケット 534-1831N

 

 

シューズ:アシックス ゲルフジトレーナー3G-TX

 普段裏山に登る時履いている靴です。というか私がもっている唯一の「運動靴」です。自転車乗るときもこれです。ロードでのランも結構いけますよ、という店員さんの一言で買った品です。G-TXという名称のとおり、ゴアテックスです。雨も行けるんですが通気性が気になりますよね。だからお店の人には化繊の靴下はやめた方がいいですよ、綿の靴下がいいです。と教えてくれました。皆さん、ゴアテックスのシューズには綿の靴下、だそうです。

 

 

ゲイター:マウンテンハードウェア セタランニングゲイター

 いろんなゲイターがでていますけど、ソールの部分が平坦なので底にまわして固定する部分がゴムで幅が広いと切れちゃう(サロモンなんかそうですね)、ということなので紐をつかっているこの商品にしました。これもショップのオススメでした。 

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) セタランニングゲイター 14-15FW OU6278 090(Black) S

マウンテンハードウェア(Mountain Hardwear) セタランニングゲイター 14-15FW OU6278 090(Black) S

 

 

靴下:ノースフェース コンフォートファストパッキングドライ

 化繊はダメだ、ってアドバイスもらったのに、これでいきます。化繊です。 買って使ってなかったので今回使ってみます。

 

レインウェア:ゴルフ用のレインウェア

 とくに屋久島はレインウェア必須、だというので準備しなければいけなかったのですが、なにしろ出費を抑えたい。はじめはやっぱり人気のモンベルのストームクルーザーにしようかと思いましたが、ゴルフ用にもっている上下セパレートのレインウェアを持っていくことにしました。

 

タイツ:ナイキ プロ クール コンプレッションタイツ

 なんかタイツにあこがれてまして、でも高性能のワコールのCW-Xとかは高いじゃないですか。だから近くの量販店で安く売っていたこれにしました。締めつけはそんなに強くありませんでした。 クールなので春まではちょっと冷たく感じますけど、5月にはいって汗ばむ陽気になったら快適だと思います。

 

ショートパンツ:家にあるもの

 タイツとの組み合わせで悩むのがショートパンツです。丈が膝下まであるものだとタイツと組み合わせたときに不格好なんですよね。なので膝上のショートパンツで対応。山だから安全第一に考えるものですけど、それに合わせてファッションも考えたいんです。

 

ストック:使用しません

 これは悩みましたけど、だって昔はストックなんて使ってなかったじゃないですか。という理由で購入しませんでした。もちろんあればあったで便利なんでしょうけどね。

 

グローブ:作業手袋

 登山用のグローブとかランニング用のグローブってあるんですよね。それぞれの用途に特化した付加価値がついた商品だとはおもいますけど、家にあったこういうので十分かなと。ネットでみると軍手で十分という声もありますしね。

 

帽子:家にあるキャップ

 ゴアテックスのハットが欲しいのですが、行ってるときりがないので、いいですこれで。雨降っても別いいですこれで。

 

ベースレイヤー:家にあるTシャツ

 速乾・吸汗・通気性能に優れた商品ありますよね。でもねいつも着てるTシャツでいいです。汗でびちょびちょになっても着替え持って行きますから。

 

ミドルレイヤー1:モンベル EXライトウィンドパーカ

 ランニング用に持っている超軽いパーカです。結構保温性もありますし、通気も抜群だと思います。そしてとてつもなく小さく折りたためるのは最高。ユニクロのポケッタブルパーカより小さくなります。小さい・軽い・暖かい。これは本当に買ってよかったものですね。 

(モンベル)mont-bell EXライトウインドパーカ 1103239 GRPH グラファイト XL

(モンベル)mont-bell EXライトウインドパーカ 1103239 GRPH グラファイト XL

 

 

ミドルレイヤー2:ユニクロ ポケッタブルパーカ

 これもランニング用として持っているのでもし、モンベルのEXライトウィンドパーカで寒かったら使おうかと思います。

www.uniqlo.com

 

 以上のご紹介です。これでまだ行っていませんので、この装備でどうだったかはまた書きたいと思います。