読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

古書店に行こう!本が人を選ぶ古書店のススメ

古書店って行ったことありますか?最近は古本屋さんとしてチェーン店が多くなってきていますが、まちの片隅で小さく古書店を営んでいる皆様がいらっしゃいます。興味も無ければ、まちの風景に溶け込んでいて見過ごしてしまうと思います。しかし、そのお店に…

【エッセー】「憧れ」は時代を反映する

私がまだ小さいころ(1985年頃)、多くの子ども達が将来なりたかった職業は「野球選手」が多かった。その他にも、「警察官」や「消防士」。テレビや生活で接する、身近なヒーローだ。 今は「野球選手」が「サッカー選手」に変わっている。そして最近では、「…

【エッセー】本嫌いが文庫本好きになったワケ

私は文庫本が好きだ。以前に友人と単行本と文庫本のどちらが好きかで論争になったことがある。その友人は大きな本で悠々と読める感覚があるからハードカバーの単行本が良いという。私の場合、あの小さくて可愛らしい文庫本がなんともなく好きなのだ。 一時期…

本から広がる新たな世界

ほとんどの人が読んだ本から多くの影響を得ているとおもいます。 ある作家さんの本を読んでミステリー分野にハマったり、タイムトラベル物に興味をもったり、文学っていいなぁと思ったりして、その後どっぷりとそれらの分野の本を読み漁ることはよくあること…

だったら富士山の世界遺産、取り消してもらえませんか?

今更ながら「あぁ、世界遺産なんてとらなきゃよかった」と思っている。どうも富士山が「日本の資産」から「世界の資産」になってしまったとつくづく感じたからだ。 そんなことは言われたくない 富士山は2013年に世界文化遺産に登録された。ユネスコ世界…

【エッセー】未来を語るのは「言葉」じゃない

”今日の世界を把握するに、ぼくらは昨日の世界のために作られた言葉を用いているわけだ。” サン=テグジュペリによる「人間の土地」(堀口大學訳)の一節だ。 過去を切り開き、現在を築いてきた「言葉」。 これから先の未来に行くためには言葉ではだめだ。 …

記憶は借り物。脳腫瘍や認知症で記憶障害と戦っているご家族の方へ。

人に限らず生あるものはやがて死を迎えます。 老衰でお亡くなりになる方や、病気を患って長い闘病生活の末に命を落とす方、交通事故で亡くなる方もいらっしゃいます。自ら命を絶つ方も残念ながら多いのが現状です。死の迎え方は人それぞれです。どんな形にし…

ミネラルウォーターをプレゼントする事はとても意味深い

”水”は欠かせない。 人間の身体は体重の60%くらいは水なのだという。人間を含めて生物には”水”はなによりも大事だ。私の友人は、イギリスのお酒が何故か身体に合うという。もしかしたらそれは、イギリスという雰囲気への憧れからくるものかも知れないし、…

もうお前らのこと雑草なんて呼ばないよ。庭の草たちが愛おしく見えてきた。

1ヶ月ほど前のまだ気温も高い頃、時間が出来たので、家の庭を綺麗にしようかと思い、様子を伺いに今の庭を見てみた。そうすると、雑草やら野花やらがわんさかと、それも私の肩ぐらいまで伸びていた。 草にも季節の移り変わりを感じる 「夏草や兵どもが夢の跡…

伊勢志摩サミット・ラグビーW杯・オリンピックは地方創生のマイルストーン

訪日外国人数が2015年10月9日時点で既に1500万を超え、昨年2014年1年間の訪日外国人総数を超え、政府が2020年に掲げている2000万人という目標まで手が届く所まで来ています。新聞紙面では今年2015年の年初には「地方創生」とい…

イノベーションするための斬新なアイデアはこうやるの

アイデアと一口にいってもなかなか難しいです。私が前に教わったのは「アイデアとは既存のモノと既存のモノの新しい組み合わせである」ということです。どうも、これは1940年に発刊されてから70年以上も読まれ続けている「アイデアのつくり方」の著者…

サカルトベロ、ノルゲ、スオミってどこの国?現地の言葉で呼びたい国名。

私たちは「ニッポン(日本)」と呼ぶが、英語では「ジャパン(Japan)」という。同じように、現地の人たちが使っている国名と、海外からの呼ばれ方が違うことは大変多い。現地語ではない言語で呼ばれる国の呼称を「エクソニム(exonym)」というそうだ。海外…

何もかも富士山に見えてしまうという日本人の習性

富士という山は本当に美しいと思う。 だが、今私たちが見れている形は昔からあるわけではない。 富士山の歴史 今の調べでは、大きく4つのステージにわかれている。 数十万年前〜20万年前: 先小御岳(さきこみたけ) 〜10万年前: 小御岳(こみたけ) …

トラベラーズノートとエースホテルの祝コラボ!クリエイティビティはさらには肥大する。

新しいトラベラーズノートが発表された。2011年3月18日にトラベラーズノート5周年記念のグッズが発売されたので、来年2016年あたり10週年ものがでるかなぁと思っていた矢先、今年3月にブルーエディションが出て驚いていたのに、今度は、「エ…

【詩】誕生

あと数分で 私はこの世界から排出されることになっている 新しい世界に行くのだ 時々宇宙の声が聞こえる 聞こえるか? とか 早く会いたい とか 天使の導きとも悪魔の誘いともわからない いずれにしても 私はこの世界では生きていけないようだ どうやら 宇宙…

なぜ、「デロリアン」という車の名前を誰もが覚えているのか

2015年はバック・トゥ・ザ・フューチャー祭りですね。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティ(マイケル・J・フォックス)とドク(クリストファー・ロイド)がデロリアンに乗って米TV番組『Jimmy Kimmel Live』に登場した。映画本編と同じくヒュ…

【詩】きっと ただいま

こういうのはきっと何百年何千年という時を越えて帰ってきたからだと思うただいま 今君に逢ったわけではないと思う 帰ってきただけなんだと思うだから きっとただいま

こんなBGMの運動会だったら絶対迫力あると思うオススメBGM

会社や町内等で開催する運動会やスポーツ競技大会。普通の大会にするんじゃちともったいないし面白くない。テレビ番組で使われるようなBGMを使って雰囲気を盛り上げたいと思っている方も少なからずいるだろうと思う。でもBGMって、設えの中では後回しにされ…

バック・トゥ・ザ・フューチャーが描く未来をみて思う。未来を描くのは私たちの責任だ

バック・トゥ・ザ・フューチャーPart2で、主人公のマーティが未来へ飛ぶ時設定した日付2015年10月21日。今改めて、タイムトラベル物のストーリーを思い浮かべると、小説「リプレイ」とか、ターミネーターとか、戦国自衛隊とか、シュタインズ・ゲート…

英語のスピーチで役に立つ感謝の気持ちを表現する言い回し集

普通に生活をしていて英語でスピーチすることや挨拶することはそんなにあるものじゃございません。だからこそ、突然そんな機会が巡ってきた時に困ってしまうものです。日本語でスピーチをするのでさえ大変なのに、英語でなんてもっての他です。日本語のスピ…

あのSF映画はあの頃の僕には強烈過ぎだし、その夜見た夢もシュールすぎて恐怖以外のなにものでもなかった

その頃SF映画で、世の中に夢や宇宙へのロマンを与えた、「E.T.」。私の記憶の中に残っている、劇場で観た最も古い映画だ。 私にとってこの映画は当時、恐怖そのものだった。 なにせ、あのグロテスクな宇宙人ですから、子どもには衝撃的であったわけだ。 そし…

「 ひらがな」と「カタカナ」が生み出す独特の世界観がたまらない

「ひらがな」と「カタカナ」はいずれも漢字から万葉仮名へ、そして万葉仮名から派生をした歴史のある私たち日本人の言葉です。 昔は貴族や女性の文字としての「ひらがな」や、公式的な文書に用いられる「カタカナ」等用途が時代によって移り変わってきたそう…

【詩】 タイム・トラベラー

2時間後に2時間後の未来へ到達する ぼくらはいつでもタイム・トラベラー 2時間後に今の君はいないし、今の僕もいない 2時間後にいるのは新しい君だし、新しい僕だ じゃあ今の私はどこに行っちゃうの? 2時間後の君の頭の中にいるよ ぼくの頭の中にもいる 今…

世界を変えたスピーチ集〜Speeches that changed the world〜

今から過去をみた時、歴史の節目となったその時々でその時代を代表する言葉が残っている。その言葉を私たちは、世界を変えた言葉、または歴史を動かした言葉と表現したりする。2013年に南アフリカに行った際に、たまたま寄った空港の本屋さんで「Speeche…

ラグビーには国を変える力があった。今観なおしたい映画。

2009年に公開されたアメリカの映画「インビクタス〜負けざる者たち」である。インビクタス(Invictus)はラテン語で屈服しない、という意味だ。 南アフリカの歴史とネルソン・マンデラ まだ遠くない昔、南アフリカでは白人以外の非白人を人種隔離する政策「…

高級なスマイソンの手帳ノートを使う理由3つのポイント

頂いた手帳ノートである。定価は12000円くらい。 決して安くない、いや普通の手帳と考えてしまうと高いくらいだ。だが、自身の頭の先端、手指の先端と考えると決して高くはない。自身の内面を表に出す道具として、自身を刺激して表に出しやすくする道具、さ…

実は「星の王子さま」を読んだ事がない。だから、この際英語でチャレンジ。

今年2015年11月21日に映画『リトルプリンス 星の王子さまと私』が上映される。 原作サン=テグジュペリの「星の王子さま」はあまりにも有名だし、ほとんどの人が一度は読んだことがあるだろう。といい たところだが、私自身一度も読んだことがない。…

ラグビーW杯20153勝をあげたエディー・ジョーンズHCに学ぶ強い組織作り3ポイント

28ー18でアメリカをくだし、日本は今大会3勝目をあげた。既に、スコットランドがサモアを36−33でくだし、ラグビーW杯2015 プールBからは南アフリカとスコットランドが準々決勝進出が決まり、日本の1次リーグ敗退が決まっていた。日本ラグビー…

言葉は世界を本当に変えることができると思う

言葉を変えるだけで、思いは鋭く届く。 世の中を大きくかえる魔法の力を持っている。 言葉は私たちが持っている、数少ない気持ちを伝える手段だ。 だからこそ、よく吟味して、色々な気持ちを表現する最適な言葉を見つけよう。 でも、なかなか難しいことだと…

もっと深く読み込みたいパウロ・コエーリョの「アルケミスト」

なんともファンタジーだし、読んだ時の自分の気持ちとか立場とか、人生のあらゆるステージによって、受け取る内容が違うから何度読み返しても面白い。ストーリーは単純なのかもしれないけど、あるときは「少年」に、ある時は「アルケミストを目指す人」に、…

ブックカバーつけないの意外といいかも。留め紐で本がもっと身近に感じる。

以前ブックカバーについて書きました。書店でもらう紙のブックカバーとか、一般に売っているカバーは、縦幅が合っていなくて少しはみ出るところがとても嫌だと。 mtribe.hatenablog.jp がしかし、じゃあもういその事カバーそのものがいらないんじゃないかと…

ニューヨークの老舗本屋さん「STRAND BOOK STORE」とペーパーバック読本のススメ

本好きには絶対に外せないニューヨークの立ち寄りスポットSTRAND BOOK STORE。タクシーに載って運転手さんに「ストランドブックストアー」といえば間違いなく通じるし、ニューヨークに1箇所しか無いので必ず目的地までたどり着ける。 こちらに詳細ブログが…

もう、小さな石鹸カタカタなりません!石けん好きが石けんを持ち運ぶときに使うもの。

私は石鹸が好きでたまらない。 ボディーソープは使わない。 自らの身を削りながら、私の身体を綺麗にしてくれる石鹸に尊敬の念を抱かずにはいられないからだ。 ちょっとした出張の時も、旅行の時も、必ず自分の石鹸を持ち歩くのだ。 石鹸を持ち運ぶときに困…

周りの人とは違う鍵盤ハーモニカを持ちたい。そんなキミ、塗ればいいんです。塗れば。

大人になって実家に帰った10年ほど前、家の掃除をしてる時に、昔つかってた鍵盤ハーモニカを見つけた。30年ほど前鍵盤ハーモニカといえば、スズキのメロディオンか、ヤマハのピアニカであった。 音楽の授業で使っていたレベルなので、意外と綺麗に保管さ…

【詩】蛇口から落ちるお湯の粒

湯船に浸かっていて 締め切れなかった蛇口から 若い夫婦の様に 音の違う 寄り添った お湯の小さな粒が 一定の間隔で 水面を打っていた 蛇口から落ちたお湯の小さな粒が水面を打つと 水面には波紋が広がりこちらに向かっては途中で消える 水面を打つ音は、す…

【詩】ぎゅ ぎゅ ぎゅ

さむいね ぎゅ ぎゅ ぎゅくつがゆきをぎゅ ぎゅ ぎゅぼくのてがきみのてをぎゅ ぎゅ ぎゅきみのからだがぼくのうでをぎゅ ぎゅ ぎゅさむいね さむいねぎゅ ぎゅ ぎゅ

【エッセー】人は一つの選択肢

海が多いのになぜ、海の生物が進化しなかったのか。 なぜ、居住空間のすくない地上に高度に文明が発達したのか。 個の物体の存在。個それぞれに意志がある。 意思があると見せかけているのか。 自然と意志ができくるものであれば、 最初から与えて置いた方が…

本の上側が飛び出てサイズの合わないブックカバーが許せない。ジャストサイズの文庫本ブックカバー。

文庫本を持ち歩くとき気になるのが、書店でつけてくれるブックカバーが本のサイズよりも大きく折られていること。 紙カバーの上側が本よりはみ出ているから、端の部分が潰れて見た目的に許せないのである。だから、いつも私はカバーを付けて頂いたあと、もう…

人とは違う手帳の楽しみ方3ポイント

いつもそばにおいてある手帳。自分だけの予定やメモを書き込むからそれだけで、自分だけのものになるんだけど、もっともっと自分らしくカスタマイズしていつもの生活にちょっとしたゆとりと喜びを取り入れよう。 ①香りをつける 手帳を開いたときに香りがする…

広告にある注記(※印)って必要?東京オリンピックに向けて考える。

広告に書いてある「注記」。 ※印で書かれている「写真はイメージです」とか書かれている、あれだ。先日私が前に務めていた会社の人が、Facebookで話題にしていたのでこの機会に少し考えてみたいと思う。 その人が言うには、※印が制作者の甘えであり、無くせ…

【エッセー】人と付き合うのは絵画と向きあうのに似ている

人と付き合うのは絵画と向きあうのに似ている。 距離をおいて見ないと全体の雰囲気、美しさがわからない。かといって、近づきすぎても、線の湾曲や、小さなシミやよごれが気になる。絵の意味をなさなくなる。 絵を持つ為には近づかなければならないが、それ…

【エッセー】笑顔で前進するのみ

いつも支えになっていた人が亡くなったその時、悲しみを感じる。 だがやがて、悲しくなくなる。 慣れるのか?忘れるのか? 新しい過去で、思い出が薄まっていく。 ふと、思い出したとき。やっぱり胸が苦しくなる。 でもね、相手は苦しくなんかなんないんだよ…

【詩】なくなっていくもの

トゥルルル 同級生の気になるあの人に電話相手のお父さんやお母さんが出た時の台詞を用意して気持ちを整えて臨む ピーガー モデムを使ってアナログ回線でインターネットにつなぐパソコンの前に座って今からインターネットに接続するという気持ちを整えて臨む…

【エッセー】あなたを知るには

他にその存在を示すことができた星は、 同時に昼と夜を得ることになる。 光を受けている部分「昼」は明るく熱いが、 他の星から見えない部分「夜」は寒く冷たい。 古代の人が明るい火を求めたように、星は自転し、 寒いところを残さぬよう、常に寒さを日にあ…

【詩】世界を変えるあなた

昨日、たくさん笑ったから 昨日、家族でたくさん話したから昨日、キミからメールをもらったから昨日、元気よく挨拶できたから昨日、取引先からいい話をもらったから昨日、プロポーズをしたから 今日はいつもと違う まったく違う昨日と今日 少しだけだけどや…

人生のデトックス

私は根っから整理整頓が苦手であるから、人との関わりにも疲れてくる事もあるし、身の回りに物が増えてきて、すべて一回洗い流したい気持ちになる時がよくある。人生の垢というか、消化不良は誰にもある。でも忙しい毎日に追われていると、溜まっていく垢は…

【エッセー】 人生 >= 時間

人生は時間でできている。 1秒という時間は延びも縮みもしない。充実した人生というのは、この1秒1秒における、個人内の高揚度ではかれるのではないだろうか。高揚度とは、定量的に示すのであればそれは、例えば笑顔の回数、涙の回数など、自分以外のものに…

積読を無くす3ポイント

本屋さんで魅力的なタイトルだったからとか、これを読んでるとかっこよさげとか、運命の出会いだとか、そういった理由で衝動的に買ってしまって、結果、最悪の場合、家の片隅にとか、車のトランクにお店の袋に入ったまま放置されている、いわゆる積読族の方…

収入が減った時ただちに行うこと・その③:支出額を分析し改造する

支出上限額を確定する 支出額は収入額が上限ではない。必ず、貯蓄はしてもらいたいからだ。少額でも構わないから、貯蓄はしてもらいたい。 収入額ー貯蓄額 =支出上限額 と考えるべき。 現在の支出を固定費と変動費に分ける 固定費は電話代、水道代、電気代…

【詩】宇宙の細胞

細胞が 一生懸命がんばっている ちからを振り絞って 屈伸している 細胞は 彼は 屈伸をやりたくて仕方ない やりたくて やりたくて 仕方ない だからがんばってる 実は 彼は筋肉の細胞の一部 筋肉自体が伸びたり縮みたがってるんだ 筋肉が頑張ってる 実は 筋肉…