読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

【エッセー】人と付き合うのは絵画と向きあうのに似ている

エッセー

人と付き合うのは絵画と向きあうのに似ている。
距離をおいて見ないと全体の雰囲気、美しさがわからない。
かといって、近づきすぎても、線の湾曲や、小さなシミやよごれが気になる。
絵の意味をなさなくなる。
絵を持つ為には近づかなければならないが、
それでは絵ではなくシミのついたモノでしかなくなる。
しかし手放すと絵の全体が見え、美しさを取り戻す。

「なぜ手放したんだろう。」

しかし、また近づけば同じことを思う。
その繰り返しは終わらない。

小さい絵を探すべきか、絵よりも大きい人間になるべきか・・・。