読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタネと物のミカタ

大事な自分の道具。自分を表現する身の回りと考え方を磨こう。

周りの人とは違う鍵盤ハーモニカを持ちたい。そんなキミ、塗ればいいんです。塗れば。

大人になって実家に帰った10年ほど前、家の掃除をしてる時に、昔つかってた鍵盤ハーモニカを見つけた。30年ほど前鍵盤ハーモニカといえば、スズキのメロディオンか、ヤマハのピアニカであった。 音楽の授業で使っていたレベルなので、意外と綺麗に保管さ…

本の上側が飛び出てサイズの合わないブックカバーが許せない。ジャストサイズの文庫本ブックカバー。

文庫本を持ち歩くとき気になるのが、書店でつけてくれるブックカバーが本のサイズよりも大きく折られていること。 紙カバーの上側が本よりはみ出ているから、端の部分が潰れて見た目的に許せないのである。だから、いつも私はカバーを付けて頂いたあと、もう…

人生のデトックス

私は根っから整理整頓が苦手であるから、人との関わりにも疲れてくる事もあるし、身の回りに物が増えてきて、すべて一回洗い流したい気持ちになる時がよくある。人生の垢というか、消化不良は誰にもある。でも忙しい毎日に追われていると、溜まっていく垢は…

収入が減った時ただちに行うこと・その③:支出額を分析し改造する

支出上限額を確定する 支出額は収入額が上限ではない。必ず、貯蓄はしてもらいたいからだ。少額でも構わないから、貯蓄はしてもらいたい。 収入額ー貯蓄額 =支出上限額 と考えるべき。 現在の支出を固定費と変動費に分ける 固定費は電話代、水道代、電気代…

衣替えの心構え〜日本人らしい衣類への接し方〜

衣替えの思い出 今もあると思いますけど、小さいころ学校での「衣替え」の日はいつもドキドキする日だった。 「もし自分だけちがう服装だったら、どうしよう!」 と思いませんでした? まだ外は暑いのに冬服に変える時とか、まだ肌寒いのに夏服になったりだ…

今のところトラベラーズノート〜手帳の歴史とともに自分を振り返る〜

多くの人が愛用の物を持っていますよね。特に文房具は多くの種類があって、その人その人の微妙な好みやニーズに応えてくれます。私が愛用している手帳は、トラベラーズノート。このノートに行き着くまでの遍歴を振り返ってみます。 初めての手帳(1996年…

目に見えるものだけが存在するものではない

私たちは目に見えているものは「色」の集合体として捉えている。 色は光の波長で変わるのだが、例えば「赤色」に見えているものは、太陽光を受け赤色以外の波長のものを吸収して赤色部分だけ反射して、その光線が私たちの目に飛び込んくるから、私たちにはそ…

ジムのプールで一目置かれるこだわりの水泳3ポイント

どんなスポーツでもアイテムにはこだわりたいもの。そのアイテムだけで経験者かそうでないか分かってしまう。ここでは、ダイエットでも本格的にでもジムや公営プールのプールで泳ぐ時に経験者とおもわれる3ポイントをご紹介。 1.ゴーグル まちがっても水…

みんな無理してない?ラーメンのかたさ。

ラーメンのかたさで、バリカタとか、ハリガネとか頼むひといますけど、もちろん私もつい、頼んでしまう時ありますけど、あれって、コナっぽくて、 本当に美味しいと思ってるの? と思うわけですよ。 彼氏がラーメンを注文するときの心の流れ たぶん、多分で…

道具はココロの先端である。道具はしっかり選んでアイデアを紙にこすりつける。

アイデア出しをするときや、文章を書く時などは、パソコンで打つのではなくて、手で紙に書いた方がいい。頭の中にあるものが、腕を伝って指先からペンの先を通って、紙との摩擦で目に見える形で表現されていく、そんなイメージを持っているからだ。 イメージ…

人を勇気づけるのに、自分の事は棚にあげていい理由

モチベーションが影響するのは人間かもしれない 人という生き物の非常に面白いところ、それは「やる気」が変化をするところであると思うのです。 他の生物で、体力が有る無しとかではなくて、モチベーションの有る無しで行動が変わる生物っているのだろうか…

居心地いいところベスト3

落ち着く場所。 逆に落ち着かない時って言うのは、例えば喫茶店で、近くで大人数の大学生のグループが、俺達に怖いものはないことを主張しているかのように騒いでいたり、例えば定食屋さんで店の旦那とお母ちゃんが喧嘩をおっぱじめたり(大概こういうお店の…

「庭いじり」今最もかっこいい趣味だと思う

「庭いじり」こんなもは老人になってからやるもんだとばかり、思っていた。でもよくよく考えてみたら、私には定年退職なんて無いだろうし、身体が不自由になってからじゃ、元も子もない。だから、今年の8月から始めた。始めたといっても、どこから手を加え…

自分の夢のために、人の夢を叶えろ

All our dreams come true, if we have the courage to pursue them"(夢は叶う。 夢を追い続ける勇気がある限り。 ) これは、ウォルト・ディズニーさんの言葉です。人はいつだって、ああしたい、こうしたいという欲があるものです。「すこし頑張れば手に届…

読書に最適な環境づくり

私は、今、「読書」に凝っている。 最近になって、読書の回数が増えてきた。 小学校から、社会人になっても、基本的に活字が大嫌いな部類で、読むのも遅いし、前回読んだ部分までのストーリーが頭に入っていないから、いつも数ページ前から読み直す始末。か…